用語の説明

重要交差点及びその周辺の区域の規制について

 景観法が平成16年に施行され、「景観」が国民共有の財産として認識されるようになりました。
屋外広告物も「景観」に大きな影響を与えることから、適正に規制、誘導をおこなうために佐賀県屋外広告物条例を改正しました。
これまでは、特定の沿道等を許可区域としていましたが、景観保全のため、禁止区域を除き、県全域を許可区域としました。
  (※佐賀市区域は除く)
規制区域の基準